メニュー

木の家

木の家は、自然素材ならではの豊かな香りやサラッとした肌触りが特徴です。ここでは、木の家のメリットや口コミ・評判をご紹介します。熊谷市で木の家を建てたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

木の家とは?

木の家とは、梁や柱などの躯体が木材をメインとして作られた「木造住宅」に、内装まで木をふんだんに取り入れた住まいのことです。使用される木材は、桧や杉、ウォールナットやチークなどで、それぞれ異なる特徴や風合いを持つため、楽しく家づくりができるだけでなく、住んでからも木の温もりや爽やかな香りを楽しむことができます。

木の家_事例01
引用元:大和屋公式HP
(https://morinoie.info/works/detail.php?id=19443)

木の家のメリット

耐久性が高い

木材は鉄やコンクリートと比較しても、圧縮や引っ張りなど、さまざまな強度に優れています。木造は古くから日本の住宅に採用されてきた家作りの技術です。特に寺社は現在まで形を変えることなく存在する木造建築です。木の家なら地震や台風といった自然災害にも負けない、耐久性や耐震性の高い住まいを実現できるでしょう。

サラッとした肌触り

桧や杉をはじめとした木材は、外気温を伝えにくいという断熱性を有しています。そのため、夏は涼しく冬は暖かい、快適な室内環境を実現してくれます。

調湿効果も持ち合わせているため、お風呂上りに素足でフローリングの上を歩いてもべたつかず、サラッとした心地よい肌触りです。ダニやカビによる健康被害を防ぐ効果もあるため、健康的に暮らすことができるでしょう。

木の家に住む人の声