メニュー

花園の住みやすさは?

花園

花園町は、埼玉県北西部に位置し、「福寿草」の生産で国内最大の出荷額を誇っていた人口12,700人ほどの町。2006年には(旧)深谷市、岡部町、川本町と合併を行ない、「深谷市」となりました。

このページでは、そんな花園エリア(深谷市)について住みやすさを紹介していきます。

花園ってどんなところ?

花園が属する深谷市は都心から70キロメートル圏にある市で、通勤・通学も可能なエリア。深谷ネギを代表する農業が盛んな土地で、季節の花など自然も楽しめるのどかな場所です。

「深谷グリーンパーク」「わんぱくランド」など、小さな子どもが楽しめるレジャー施設があるのも魅力。一方で住宅団地も混在していて、ファミリーでも住みやすいエリアと言えるでしょう。子育て支援をはじめ、定住を促進するための各種施策にも積極的に取り組んでいるようです。

東京⇔「花園」のアクセスって?

花園が属する深谷市の鉄道事情ですが、JR高崎線と秩父鉄道の2路線において駅を有しています。「深谷駅」が市の中心となっており、東京駅までは在来線で1時間半程度、新幹線(熊谷駅乗り換え)を使えば1時間ちょっとで行けます。

また上越新幹線、JR八高線が通過し、上越新幹線「本庄早稲田駅」にも近接しているため東京都心方面・上信越方面・秩父方面への交通の要衝と言えます。

車での移動にかんしては、地域の玄関口として「関越自動車道花園インターチェンジ」が設置されています。

花園に住んでいる人に評判を聞いてみました!

駅前や特徴的な周辺環境は?

花園町のある深谷市は、郊外には田園風景が広がるのどかな場所ですが、駅周辺にはショッピングセンターや教育機関などもあり、ファミリーでも住みやすい環境です。

関越自動車道の花園IC近くを開発する動きも進められており、「花園プレミアムアウトレット」(仮称)の建設も計画されています

病院

花園には耳鼻科や歯科、小児科や内科、歯科や婦人科などの個人クリニックが目立ちます。整形外科やリハビリテーション科のある病院では、部分荷重訓練をサポートするアンウェイシステムを完備。健康診断を実施し、予防医学に力を入れています。

どこの病院も永田駅からは少し距離があるため、受診するとなれば車もしくはバスを利用した通院になるかもしれません。深谷市と合併し救急体制が整備されているので、夜間救急なども心配ないでしょう。また、0~18歳までの保険治療に関しては、指定医療機関を受診した場合に子供の医療費が助成されます。

学校

花園にある学校は、公立小学校1校と公立中学校1校になります。つまり同じ校区の友人が、中学校へ進学してもずっと一緒ということ。小学校では幼稚園との交流もあり、中学校のPTA研修会では、保護者が近辺の高校4校を見学する取り組みもありました。

また、夏休みは3年生の補充学習会が催されたり、地域で子供を育てる活動が始まっています。高校はエリア内には存在していないため、秩父鉄道永田駅や小前田駅から熊谷駅まで行き県立高校へ進学する人も。

公園

花園には5つ公園がり、花園総合公園にはアスレチック遊具・健康器具・コンビネーション遊具、野球場・テニスコート・多目的広場など充実した多くの施設があります。バスケットボール・バレーボール・バドミントンができる体育館もあり、スポーツの大会が行われたりしています。

8,700㎡のひだまり公園はドッグランが併設されており、愛犬を連れて散歩に訪れる人も多いでしょう。また、道の駅はなぞのや花園フォレストが隣接されているため、休憩しながらスイーツを楽しむこともできます。

駐車場も広く、JA花園直売所もあり、子供を公園へ連れて行った帰りの買い物もおススメ。他にも少年野球の練習ができる花園水辺公園、ジャングルジムやブランコのある花園史跡記念公園、芝生広場やスプリング遊具のある小前田北公園があります。公園のすぐ横には秩父鉄道が走っているため、電車が好きな子供は見ていて飽きません。