メニュー

寄居の住みやすさは?

“秩父の山深い里”をイメージする人も多い寄居町。美しい水と森のある町として知られており、その水質の良さは「水の郷百選」「名水百選」にも選ばれるほどです。

また日本100名城のひとつ「鉢形城」の城下町として栄えた歴史を持つほか、秩父往還道の宿場町としてたくさんの旅人で賑わった時代もあり、見どころの多い町と言えるでしょう。

このページではそんな寄居について、口コミを含めながら住みやすさや住環境を紹介していきたいと思います。

寄居ってどんなところ?

寄居町は県北西部にある人口34,000人ほどの町。
JR東日本や東武鉄道、秩父鉄道が通っており、町の主要駅は「寄居駅」です。

路線バスは「武蔵観光バス」が寄居駅と深谷駅・本庄駅を結んでおり、コミュニティバスが寄居町役場前や鉢形城歴史館などを循環します。また国道も通っていて長野や山梨にもアクセスしやすい環境です。

山深い里を連想する方も多いでしょうが、交通は意外にも便利なのです。自然と街とがバランスよく共存している地域と言えるでしょう。

東京⇔「寄居」のアクセスって?

寄居町を通っている路線は「JR八高線」と「東武東上線」、そして「秩父鉄道線」の3つ。寄居駅で3線が接続します。
東京の池袋まで最短81分でアクセスでき、車であれば関越自動車道を使うのが便利です。

町内の道路網も整っているので車の移動はスムーズでしょう。

寄居に住んでいる人に評判を聞いてみました!

駅前や特徴的な周辺環境は?

駅や主要道路の周辺には学校・保育園もあり、子育てには良い環境と言えます。
スーパーやホームセンターなどもあるので生活にも不便はしないでしょう。

また、有名な「鉢形城公園」には日本100名城にも選ばれた「鉢形城」があります。お城を見るのはもちろん、公園を散策したりと良いレジャースポットになるでしょう。