メニュー
TOP » 熊谷市の住環境やアクセスをリサーチしました » 熊谷市の住環境やアクセスをリサーチしました

熊谷市の住環境やアクセスをリサーチしました

注文住宅を立てる場合、事前にチェックしておきたいのがその地域の災害情報です。熊谷市では、地域ごとにどのような災害が起きやすいのかや、災害ごとの被害予測などが詳しく記載されています。例えば、地震による被害が発生しやすい地域ならより耐震構造に力を入れておくなど、注文住宅ならではの対策を講じることもできます。また、実際に生活し始めてからは、災害情報がより重要になります。注文住宅の建設前も建設後も安全に生活するために、しっかりと熊谷市の災害情報をチェックしていきましょう。

ハザードマップで地域情報をチェック

熊谷市では災害に備えるために防災ハザードマップを公開しています。[外部リンク]このハザードマップでは、地震と洪水によって地域ごとにどの程度の被害が現れるかを予測し掲載されています。そのため、このマップの情報を元にすることで、起こりうる被害に合わせた対策を住宅に講じることが可能です。

また、災害時の指定緊急避難所や防災拠点なども掲載されています。ですので、土地選びのときに参考にすることで、避難所などに近いところや災害の被害が少ない地域を選ぶことができます。災害への備えは備蓄品が主となりますが、注文住宅を建てる場合は、土地選びや住宅の構造などからすでに災害への対策が始まっているのです。

さらに、このハザードマップには災害に巻き込まれた場合の注意点や、日常から準備できる防災マニュアルなども記載されています。被災時はただでさえ頭の中が混乱し、適切な対象が難しくなります。ですので、日頃から防災や被災時の対応についてしっかりと家族で話し合っておくなど、ハザードマップを十二分に活用していきましょう。

防災無線の内容をHPやメールなどで確認

災害情報がタイムリーに伝えられる防災無線。しかし、豪雨などで聞こえなかったり、つい聴き逃してしまったりする場合もあります。実は、熊谷市では防災無線の内容をメールで配信していますので、無線が届かない場所でも内容を確認できます。

さらに、このメールの内容をホームページから閲覧することが可能です。防災無線は災害情報を伝える役割がありますが、他にも不審者情報や迷子などの情報も知らせてくれるツールです。防災無線はその地域で起こった不穏な情報をいち早く、後からでも知ることができますので、必ずチェックするように心がけましょう。

twitterも活用して災害情報を網羅する

さまざまな情報が集まるSNSですが、実は熊谷市の公式アカウントがTwitterに開設されています。このアカウントからは、市政などの情報の他にも、地震の震度や天候による注意報など災害に艦首ル情報が発信されています。普段目にすることが多いTwitterだからこそ、熊谷市の公式アカウントをフォローしておき、自然に情報が得られるように準備しておきましょう。

また、各ニュースサイトなどでは全国の自治体に関する情報も発信しています。特に、熊谷市を中心に大規模な被害が生じた場合は、熊谷市からの情報発信が遅れてしまう場合があります。そのため、公式アカウント以外にも複数のニュースアカウントをフォローしておき、2次情報、3次情報へ確実にアクセスできるように備えておくことも大切です。