メニュー
TOP » 熊谷市で理想の家を建てる5つのポイント » バリアフリー・ユニバーサルデザイン

バリアフリー・ユニバーサルデザイン

熊谷市は、市単体で対策が取られるほど高齢化が進んでいる地域です。
ここでは、その高齢化に対する注文住宅のこだわり「バリアフリー」について、くわしく調べてみました。熊谷市でマイホームを考えている方はぜひ参考にしてください。

最近の高齢者に多いヒートショック

熊谷市は気温の寒暖差が激しい地域で、夏は暑く、冬は寒いのが特徴です。
そして、寒さの厳しい冬の時期には、ある事故が多く起こっています。それは、入浴中の「ヒートショック」です。

ヒートショックとは、急激な温度差が身体に及ぼす影響のこと。
とくに多いのは、暖房の効いた暖かい部屋から冷え切った浴室へ移り、そこで熱いシャワーを浴びる…といったシーンで起こるヒートショックです。温度変化が激しすぎると血圧が一気に上下し、心臓や全身の血管に異変を生じさせます。

症状としては、失神や心筋梗塞、脳梗塞、脳卒中、不整脈など…。たとえ軽い失神だとしても、浴室で足が滑り頭を打つなど大きな危険が伴います。
ヒートショックが起こりやすいのはやはり高齢者で、発生率は寒い冬場にグンとアップするようです。

このヒートショックを防ぐには、やはり冷暖房設備の対策が欠かせません。部屋による温度差をなるべくつくらない設計が重要となるのです。業者を選ぶなら、ぜひ冷暖房設備の対策を行なっているところを選びましょう。

段差・仕切り…高齢者には住みづらい

若い世代の夫婦の場合、子どもが喜ぶような、部屋が多くて2階建ての家を建てるケースも多いでしょう。

しかし、子どもが成長して独立し、熟年の夫婦2人が残されたとき、果たしてその家は2人にとって住みやすい家でしょうか…?

残念ながら、段差が多くて部屋の間仕切りも多いような家は、高齢の2人にとっては非常に住みづらい住まいとなってしまいます。
ましてや車イスでの生活を余儀なくされるようになってしまった場合、同じ家に住み続けることは難しくなるでしょう。

幼年期~高齢期まで!未来を考えたユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザインとは、簡単に言うと“すべての人のためのデザイン”です。さまざまなシーンで耳にするようになった言葉ですが、この言葉を住宅に使う場合、“すべての人にとって住みやすいデザイン(設計)”を意味します。

幼年期から高齢期まで、ずっと同じ家に住み続けられる…そんなユニバーサルデザインの家が、いま注目を集めているのです。

では、ユニバーサルデザインの家にするにはどんなポイントが重要か?というと、以下の6つが挙げられるでしょう。

具体的には、たとえば浴室を高齢者や小さな子どもでも安心の設計にしたり、家の中の段差をできるだけ少なくしたり、平屋の構造にしたり、開け閉めがラクな引き戸を採用したり…といった、さまざまな例があります。

住む人の年齢やライフスタイルによってリフォームを余儀なくされるような家ではなく、将来もずっと快適に暮らしていける家、それがユニバーサルデザインの最大のメリットです。

新しくマイホームを建てるなら、ぜひバリアフリーなどに考慮したユニバーサルデザインの家を目指しましょう!

選択肢の一つとして、二世帯住宅を知ろう

誰もが使いやすい仕様にするバリアフリーやユニバーサルデザイン。この考え方と一緒に把握しておきたいのが二世帯住宅についてです。ここ数年需要が急増している二世帯住宅。この波は注文住宅だからこそ大きくなっており、数年後のリフォームを考えるならはじめから二世帯住宅として建設しようという考え方も広がっているのです。

二世帯住宅とは、その名の通り自分たちの世帯と親世帯が一緒に生活をする住宅を指しています。しかし、ただ一緒に生活をするのではなく、住宅の種類によって3つの形態に分けられています。その形態とは、完全同居型、部分共有型、完全分離型の3種類です。それぞれ、二世帯がどの程度関わるかによって異なっており、完全同居型の場合は、寝室などは別々ですがリビングやトイレ、浴室などは全て共有しています。そのため、それぞれの部屋以外は同じ一軒家で済む大家族のような形態となります。

一方完全分離型は、一棟の建物を上下、または左右に分けてそれぞれ個別の住宅として生活を行う方法です。庭や中通路などで行き来ができるタイプもありますが、基本的にはトイレや浴室だけでなく、玄関も別々に設けられています。さらに、一つの敷地の中にそれぞれ独立した住宅を2棟建設する場合もあります。ただ、完全同居型よりも付帯する設備が多く、広い敷地が必要なことから、建設費用が高額に成りやすいという特徴もあります。

完全同居型と完全分離型の間をとったのが部分共有型です。この方法は玄関や浴室など、限られた部分だけを共有し、その他の部分に関しては別々に分けて生活する方法です。例えば、食事をする時間帯などが同じであれば、わざわざキッチンを2つ設ける必要はありませんので、キッチンやリビングを共有部分として広く設けることで、費用の削減にも繋がるのです。別々の生活でも、家族の連帯感や時間の共有が生まれやすいのが特徴の1つです。

さて、二世帯住宅にもさまざまなタイプがありますが、大きなメリットとなるのは「小規模宅地の特例」という相続税の減免措置です。通常、親が亡くなると所有していた土地や住宅は子供に相続されます。しかし、二世帯住宅のように別々の生活環境でも同居だとみなされれば、高額な相続税を軽減できるのです。親の面倒を見るのも手軽になりますし、新築費用も1人で背負うことがなくなり、かつこうした相続税への対策にもなるため、二世帯住宅にはさまざまなメリットがあるのです。

ですが、二世帯住宅の複雑さがデメリットにもなります。小規模宅地の特例の同居にあたるのは、玄関が1つだけである、建物の内部で行き来ができるなど、完全分離型では同居とはみなされない可能性が高いのです。さらに、二世帯住宅のそれぞれの形態ごとにも細かなメリット・デメリットがあり、どんな不都合を許容するのかなどを決めておかなくてはいけません。

また、重要なのがどちらの親と同居をするのかということです。一般的は夫の親と同居することが多いですが、妻に兄弟がいなければ、当然妻の親と同居することも選択肢の1つとなります。すると、同居しない親に対してきちんと説明をしておかないと、不要なトラブルや争いを生んでしまうこともあるのです。ですので、同居を行う前にはしっかりと夫婦で話し合い、その後お互いの両親へその内容を伝え、許可を得てから建設を始めましょう。

二世帯住宅はそれぞれの住みやすさを考慮しながら、かつ大家族ならではの楽しさを満喫できる生活スタイルです。一軒家を二世帯住宅へリフォームするよりも、始めから二世帯住宅として建設したほうが費用や期間も抑えられ、将来の相続税への備えにもなります。決めなくてはいけないことは多いですが、メリットは非常に多いため、自分の家族に合った形の二世帯住宅を一度考えてみましょう。

高齢者向け住宅のための3つの留意点

“すべての人のためのデザイン”であるユニバーサルデザインの住宅を建てるなら、高齢になっても住みやすい家にする必要があります。家を作る時に、これからご紹介する“安全性の確保”、“使い勝手の良さ”、“柔軟な可変性”と3つの留意点に注目することで両親の介護や、自分が歳をとっても住みやすい、未来につながる家づくりができます。

安全性の確保

小さな子どもからお年寄りまで住みやすい家にするためには、日常生活の動作を妨げたり危険性があるものを排除する必要があります。具体的な例をいくつか見てみましょう。

使い勝手の良さ

ユニバーサルデザインになっていない家は、高齢の人にとって住みづらいことが少なくありません。自分が歳を取るたびに住むのが大変になる家ではなく、いつまでも住みやすい家にするためにユニバーサルデザインな使い勝手の良さにもこだわりたいです。具体的な例をいくつか見てみましょう。

柔軟な可変性

家を建てる段階で高齢者向けの設備を全て設置しなければいけないわけではありません。ユニバーサルデザインの住宅は柔軟な可変性を持っているので、その時々のニーズに合わせて容易に家の構造や設備を交換したり改造したりすることができます。具体的な例をいくつか見てみましょう。

ユニバーサルデザインは注文住宅ならでは

ご紹介した高齢者も住みやすいユニバーサルデザインの家にするための工夫は、注文住宅ならではといえます。ユニバーサルデザインという言葉はすっかり浸透してきていますが、今でも一般的に販売されている建売住宅はユニバーサルデザインとはとても言い難い現状です。

そのため「家族のみんなが今、そして20年、30年しても住みやすいマイホームが欲しい」という方なら、家族みんなのこだわりをしっかり反映させてくれる注文住宅がおすすめです。建売住宅を購入して後から大規模なリフォームをしたり、新しい住まいを探したりしなければいけないことを考えると、注文住宅でユニバーサルデザインの家を建てるほうが経済的なこともあります。

どこまでユニバーサルデザインの家にできるかは、予算的な問題ももちろんあります。ただし熊谷市では、高齢者向け住宅の取得のための支援も実施しています。関心のある方は一度相談してみるのはいかがでしょうか。

  • 参考:熊谷市三世代ふれあい家族住宅取得等応援事業のお知らせ