メニュー

断熱性

日本屈指の暑さを誇るエリアとして有名な熊谷市。
このページでは年間を通して快適な生活を送ることのできる木造住宅の断熱性についてご紹介します。

熊谷市の注文住宅で求めるべき断熱性

日本屈指の暑さを誇るエリアとして有名な熊谷市。
年間を通して快適な生活を送るため、断熱性はぜひこだわってほしいポイントです。

断熱性とは外部の熱を遮る性能のことをいいます。しかし、遮るのは暑さだけではありません。
家の中の熱を逃がさないので、寒さも遮断してくれるのです。
外が寒くても家の中は暖かい。これが断熱の効果です。

現在、高齢者のヒートショックによる健康被害が社会問題になっていますが、
寒暖差のある家は健康にも深刻な被害をもたらす可能性があります。
また熱が遮断されていない家は、夏場の気温が高い時期、家の中も暑くなります。
しかし断熱されている家は外が暑くても家の中は涼しいのです。

冷暖房費の節約にも

もしも熊谷市で断熱性が低い家に暮らした場合、夏はクーラーをかけつづけ、
冬は暖房を入れっぱなしにしないと過ごせないというケースもあります。
しかし断熱性の高い家は冷暖房費が節約できるというメリットがあります。

熊谷の夏が非常に暑いことは有名です。では冬は寒くないかといえば、そんなことはありません。断熱性にはできるだけこだわるようにしましょう。
また、同時に気密性にも注目しましょう。気密とは隙間をなくすことをいいますが、空気の出入りを減らすことで熱の移動を防ぎます。

木造住宅の断熱性

木造住宅は、断熱性が高いことでも知られています。コンクリートの建物はなかなか暖まらないのですが、一度暖まると冷めにくいといえます。
対して木造住宅は暖まりやすく、コンクリートに比べると冷めやすい構造です。

24時間365日冷暖房を入れたままの環境であればコンクリートの建物でもいいと思いますが、そうもいきません。
すぐに部屋を暖めたい・冷やしたいとなれば木造のほうが適しており、断熱性や気密性の高い建物であれば寒暖差もなくなります
コンクリートの家は日中に蓄熱されるというデメリットもあるため、家を冷やすのにはそれなりの冷房設備が必要です。
そのことからいっても、住む家には木造が適しているといえるでしょう。

木造住宅の断熱は、充填断熱と外張断熱があります。
充填断熱は柱の間に断熱材を挟む方法で、ローコストで済み、自然素材の断熱材を使用することができます。
外張断熱は柱の外側に断熱材を張る方法で、とくに寒い地域で用いられます。熱損失が少なく気密性を向上させることができます。