メニュー

素材・構造

ここでは、理想の家を建てるためのポイントとして重要になる「素材」について解説。最もおすすめな木造が、なぜ推奨できるのか?その理由をまとめています。

理想の家をつくるにはまず「素材」から!

理想の家を建てるには、まず素材を重視することが大切です。
なぜなら、素材によってメンテナンスの頻度や耐久性が変わってくるからです。
家は一生もの。可能なかぎり今後のメンテナンスは少なくしたいし、長く住み続けられる家にしたいですよね。
そのためには、耐久性に優れた素材を使用することが欠かせません!

熊谷市で木造注文住宅がおすすめな理由は?

建物の構造というのは、大きく分けて3つ挙げられます。

地震が多くて夏場は湿度も高い日本、とくに熊谷は猛暑で知られるため、コンクリートや鉄で造られた建物の方が適しているのでは…?と思う方も多いでしょう。
しかし、実は木造の建物というのは、強度が最も高いのです。
コンクリートや鉄は確かに重くて強い素材ですが、曲げたり伸ばしたりといった状態になったとき、木が圧倒的な強度を発揮します。
また、木は軽いため、さまざまな形状に加工しやすいというメリットもあります。
日本最古の木造建築物と言われる「法隆寺」も、1,300年を越える長い年月、木造で耐えました。このことからも木造の建物の強度が分かります。

近年とくに心配されている地震にかんしても、最も強いのは木造住宅だと言われるようになりました。
昔の工法による木造住宅では耐震性が弱い面もありましたが、現在は地震に強い工法が組み入れられているため、一昔前とは比べ物にならないほど耐震性が上がっています。
木造住宅の軽さも、地震の振動を逃がすことができるという点でメリットなのです。大きな地震にも強い建物と言えます!

ほかにもまだある、木造住宅のメリット

強度や耐震性以外にも、木造住宅のメリットはあります。以下に、一覧にしてみました。

コストを抑えられる

木造住宅は、鉄筋コンクリートや鉄骨に比べて建築コストを抑えることが可能です。これは大きなメリットですね。

防火性が高い

木は燃える素材ですが、木が燃えることでできる炭化層は、酸素供給が絶たれると燃える速度が弱まることが分かっています。また、温度が上がっても軟化しないため必要強度が保たれることもポイントです。

調湿作用がある

空気が乾燥すると水分を放出してくれるのも木の特性。つまり調湿作用があるのです。ジメジメとした梅雨の時期も快適に過ごしたい、という方には木造住宅がおすすめです!

断熱性が高い

木は熱伝導率が低く、熱を伝えにくいという特性があります。つまり断熱性に優れているのです。

健康面にも良い

自然の木は、健康面にも効能があると言われます。森林浴でリラックスできるのと同じように、自然素材に囲まれて暮らすことで心身ともに健康的に過ごせるでしょう。ダニやハウスダストも少なくてすみますね。

木の中でも高品質のものを!

木造住宅がなぜ推奨されるのか、その理由が分かりましたね。
実際、最近は木材の良さが見直されて、木造住宅がどんどんと増えてきています。
ただ、注意しておきたい点が1つあります。それは、「品質」です。

ひとくちに「木」といっても、種類はさまざま。杉やヒノキ、松、ヒバ、ツガといった国産木材のほか、ベイツガなどの輸入木材もあり、それぞれに適した箇所で使われています。
しかし、たとえば「無垢材使用」と謳っていても、ただ無垢材を貼っただけの材料を使っているような業者もなかにはあるのです。
高品質な木材というのは、通常、高価なもの。そこを価格だけ見て選んでしまうと、せっかく木造住宅なのに“安かろう・悪かろう”になってしまう可能性もあるわけです。

そのため、価格を重視しすぎるのもおすすめできません。
自分の予算の範囲内で、できるだけ良い素材を提案してくれる業者を選ぶようにしましょう。
家は、一生ものの大切な買い物なのです!