メニュー
TOP » 注文住宅の基礎知識【熊谷市】 » 工務店とハウスメーカーの違いとは?

公開日: |最終更新日時:

工務店とハウスメーカーの違いとは?

注文住宅を建てるとなると、さまざまなことを決めなくてはいけません。その中でも、たくさんある工務店とハウスメーカーのどちらに依頼するかは重要です。工務店とハウスメーカーの主要な違いは、会社の規模と対応エリアです。しかし、両者にはそれ以外の違いもあります。ここでは、工務店とハウスメーカーの違いをまとめてみました。

企業規模、施工エリア

工務店とハウスメーカーの大まかな違いが、企業規模と施工エリアです。

まず、企業規模については、ハウスメーカーのほうが大幅に大きくなっています。ハウスメーカーは全国各地に支店を持っている大規模な企業であることがほとんどです。そのため、必然的に施工エリアも大きく、全国各地に営業所があるため、居住地によらずそのハウスメーカーの住宅モデルを購入できるのが大きなメリットとなります。また、住宅展示場も展開しているので、実際の住宅モデルを自分の目で確かめることができるのも強みです。

対して、工務店はハウスメーカーに比べて小規模な会社であることがほとんどです。そそのため、施工エリアも限定的で、複数の営業拠点を持っている場合でもハウスメーカーのように全国展開はしておらず、その範囲は市内、県内、近隣の県までといったように事業所の周辺地域に限られる場合が多くなっています。

プランの自由度

建築プランの自由度に関しては、工務店に軍配が上がります。工務店では間取りや外観のデザインを、施工主の希望に合わせて自由に作り上げていくことが可能です。その自由度は非常に高く、デザインだけでなく、システムキッチンではなくオリジナルキッチンを取り付けたり、天然木を用いる際には樹種もこまかく指定できたりと、理想の住まいを作るために細部までこだわりたい人におすすめと言えるでしょう。

対して、ハウスメーカーでは、あらかじめ用意された住宅モデルから好きなものを選んだり、一定の間取りのパターンの中からアレンジしていったりという形態が多く、100%施工主が自由にデザインや間取りなどを変更できるわけではありません。

施工の精度

施工の精度を重視するならハウスメーカーのほうが良いでしょう。ハウスメーカーでは自社工場を持っているところも多く、工場内で木材をはじめとするさまざまな部材を大量生産しています。そのため、そこから建てられる住まいの品質はほぼ均一で、同じハウスメーカーならどの事業所でもほぼ同じ精度の住まいを建ててもらえます。

対して、工務店の場合、住まいの質は建築を手掛ける大工さんや職人さんの技術力に大きく依存します。そのため、住まいの品質には大きく差が出ることがあるのです。

工期

工期に関しては、建てる住まいの規模などにもよりますが、多くの場合はハウスメーカーのほうが短くて済みます。ハウスメーカーでは建築のプロセスがシステム化されており、工務店に比べてスムーズに建築を進められるからです。

アフターメンテナンス

長期的なアフターメンテナンスを重視するなら、ハウスメーカーがおすすめです。ハウスメーカーでは定期点検や補償などを制度化していることが多いので、安定したアフターメンテナンスを受けられます。また、異動などで担当者が変わった場合でも引き継ぎをきちんとしてくれるので、変わらずアフターメンテナンスを受けることができるのです。

工務店のアフターメンテナンスは、会社によって質が異なります。また、ハウスメーカーに比べると小規模なので、最悪の場合会社が倒産してしまい、アフターメンテナンスが受けられなくなるという事態もありえます。ただし、地域密着型のサービスで、トラブルがあればすぐに駆けつけてくれるなどのメリットもあるのです。