メニュー
TOP » 注文住宅の基礎知識【熊谷市】 » 熊谷市の注文住宅づくりの流れとは?
  

熊谷市の注文住宅づくりの流れとは?

注文住宅を購入する場合には、どんな暮らしがしたいかを具体的に考えてみるのが大切です。住宅の外観や構造、通勤・通学のしやすさや住みたいエリアといったどんな場所でどんな暮らしがしたいのかをゆっくり考えていきましょう。

1)資金計画

住宅を建てる際には今どのくらいの貯蓄や自己資金が用意でき、無理なく返済することができるのかを考えていきます。

そのうえで建築費と土地代の総合的な費用を考えていくことが大切です。ピンとこない場合には、住みたいエリアの相場を調べてみてみましょう。

2)土地・会社選び

資金計画や住宅のイメージが決まれば、インターネットや不動産会社を通して土地や会社選びを進めていくことになります。

土地選びのコツ

土地探しをするときには、期限と希望条件の優先順位を事前に決めて状況に合わせて折り合いを付けましょう。こうすると全ての条件に合う土地がない場合も優先順位に沿って決められます。

候補の土地に建てたい家が建てられるか、古家付きの場合には建物の解体費用が必要か・再建築ができるかを確認しておきましょう。

施工会社選びのコツ

依頼する建築会社は大きく分けて3種類あります。「ハウスメーカー」は安心できて品質も一定、「工務店」は地域に根ざして施工主の要望にも柔軟に対応、「設計事務所」は施工主の希望に沿った自由な設計といった特徴があります。 それぞれの種類の特徴と住宅展示場・施工事例を見ながら自分のイメージに近い家づくりを行っている会社はどの会社なのかを見極めていくことが重要です。

3)間取りやイメージを伝える

間取りを決める上では、家族でどんな家に住みたいか、どんな生活を送りたいかをゆっくりと話し合うことが大切です。今の家族や年齢構成、外観や間取りの希望を書き出し、優先順位を決めていきましょう。

しっかりと要望をまとめて施工会社に相談を行い、設計や建物のプランニングをしてもらうとより話がスムーズに進みます。

4)見積り依頼や契約手続き

土のプランで住宅を建てるか決定後、建築会社と工事請負契約をしてプランが法令に触れていないか建築確認申請を提出して確認します。この時、法令に触れる部分があると変更となり申請を再度行う必要が出てきます。建築確認申請が通れば、住宅ローンの申し込み・審査となり、これも通過すると施工開始となります。

5)住宅ローン選び

住宅ローンは、「固定金利型」「変動金利型」の2種類の金利があります。「固定金利型」はローン借入時から金利が変わらない設定のタイプです。「変動金利型」は金融情勢と一緒に金利も上下するタイプのものです。変動金利の場合には金利が下がる場合もありますが上がるリスクもあるので注意が必要です。

6)施工

いよいよ施工が開始となったら、まずは近所に挨拶をします。工事中は定期的に施工現場の様子を見に行って進行状況をチェックし、職人さんとも話してみるとより希望に近い家づくりにつながります。

7)完成と引き渡し・入居

完成後に完成後は、完成後は建築確認申請を出した役所や審査機関にからの完了検査や施工会社の担当者・工事管理者らと一緒に建物をチェックしていく「完成立ち合い」が行われます。もし、不具合があれば修理を経て引き渡しとなります。

家の鍵・保険証などを受け取ったら新しい住宅での生活がスタートします。

入居後には、不具合が発生することもあります。もしもの時に備えて引き渡しの時などに定期点検の時期や無料保証期間といったアフターメンテナンスについての内容もしっかりと確認しておきましょう。